自然素材のパイン材を使ったカントリー家具のお店「パインファクトリー」です

pinefactory

「Pinefactoryへようこそ」

 "Pinefactory(パインファクトリー)"は、パイン無垢材と無垢横接ぎ材を使って、オリジナルデザインで作ったカントリーパイン家具専門店です。
自然素材と塗料で、自然の木の香りや風合いを感じ、長く使え、年を重ねるごとに味わい深さを増すカントリー家具つくりを目指しています。
安心安全パインファクトリー家具



ぱいんふぁくとりーくらぶ


カテゴリー
スタイルで探す
用途で探す
オリジナルを探す
パインファクトリ-について

パインファクトリーのカントリー家具をお使いいただいたお客様から嬉しいお声を頂戴しました!

クィーンアン様式のクラシック調家具です♪猫脚などの曲線をいかしたデザインとアンティークアイボリー色のデザインが人気です
クイーンアンシリーズのお客様の声はこちらから

営業日カレンダー
2018年1月/ January
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年2月/ February
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
実店舗定休日
臨時休業日
店舗営業時間:10:00~19:00

お問い合わせ先:0120-39-9897

※毎週月・火曜日は実店舗はお休みをいただいております。

※webショップは定休日はございません。お問い合わせやご注文をお待ちしています。

「企業様向けコントラクト窓口」
店舗様、企業様など業務用でカントリー家具をご検討いただいているお客様はこちらから!


「カタログプレゼント」
ご要望にお応えしましてパインファクトリーカタログプレゼントを再開させていただきました。
部数に限りがございますのでお早めにカタログ請求ページにてお申し込み下さい。


パインファクトリー・木製家具のフォースター表示について

パインファクトリー家具にはフォースター(F☆☆☆☆)の表示はありますか?
フォースター(F☆☆☆☆)表示はしておりません。
 
子供がアトピーなのでフォースター表示がないと不安なのですが、大丈夫でしょうか?

パインファクトリーの家具は建築基準法が規制対象とする木質材料
(合板、木質フローリング材、パーティクルボード、MDF(中質繊維板))等を一切使用しておりません。

これら人工的に作られる建材、家具材・資材に対する表示義務がフォースター表示となります。 天然木、石材、アルミ等はこうした建材や家具資材より規制が必要な有害物質の放出量が
極めて少ない為に告示対象外となっております。

もっと詳しくはこちら詳細はこちら

 
ではすべて一枚板で出来ているという事でしょうか?
それとも一枚板を細かく繋ぎ合わせた集成材で出来ているんですか?
厳密に言いますとそのどちらでもありません。

まず集成材(部材を縦に継いで板状にしたもの)は告示義務材料となります。
当社の家具に使っている材料はパイン無垢材の横剥ぎ(よこはぎ)材と言います。
幅5〜10cmの長い無垢板を横面でつないで大きな天板や前板、側板などにして使用しています。

天然木材としてホルムアルデヒド放出量は、人工的な材料に比べて問題にならない位少ない量である為に、告示する必要がないとされています。

接着剤などの使用量の多いもの程、使用する接着剤等の種類等によりホルムアルデヒドの放出量の表示が義務付けられます。
 
フォースターの家具は安全だから表示されているのではないのですか?
逆ですね。

フォースター印をつけている家具は、ホルムアルデヒドの放出量が天然素材とは比べ物に
ならない位多い家具材を使用することで、基準値を超えていないことを証明する為に
表示されています。

フォースター表示がある家具は、ホルムアルデヒドの放出量を現行法律の範囲内に
抑えているという意味では、表示がないものよりは安全でしょう。
しかし、このフォースター印の建材で家を建てたり、リフォームしたことが原因で
シックハウスや化学物質過敏症反応を引き起こされる人が存在する。
という意味では万全なものではないと言えると思います。

こうした問題を引き起こさない安心で安全な家具として、当社は自然素材を100%使った家具を企画し開発製造しています。
 
安全な印のフォースターより表示のない方が安全と言われても不安なのですが。。。
解り易い例として食品を考えてください。
加工食品には、人の健康に様々な影響を与える物質が含まれています。
その為に【食品衛生法】という法律で、添加されている物質名や量の表示が義務付けられています。
表示を求めている主な事項は
名称、アレルギー物質・遺伝子組換え食品、添加物、期限表示、保存方法・取扱方法、製造所所在地・氏名などです。

一方、青果物等の生鮮食品は原則対象外となっております。
天然素材(生産物)であるトマトやキュウリ、なすび等にはこうした表示義務はありません。
そもそも人体に害を与える可能性のある物質が含まれていない為です。

同じことが表示しなければならない資材で作られた家具と、パインファクトリーの家具との違いでも言えると思います。
 
接着剤はどうなのですか?
告知義務なしとは言えお尋ねの様に素材や組み立てにも接着剤は使用されています。
使用されているボンドは日本製では大鹿社のフォースターボンド。
アメリカ、ヨーロッパの室内環境基準をクリアーしたアメリカの企業のボンドが使用されています。
 
塗料も危険と聞いたのですが?
パインファクトリー家具の「ラッカー下地塗装」も、塗装に関する告知対象外の
安全な塗装と認定されています。
仕上げのオイル塗装も、有害物質の放出が極めて低い為に告知対象外となります。
 
パインファクトリーの家具は本当に安心して使えるんですね?
PINEFACTORYの家具は上記の様に、安心・安全な素材を使って、安心して使えることにこだわって造っています。

当社の店名に「自然素材の健康家具&暮らし」という事を謳っているのは、こうした安全な家具や室内環境で健康な生活環境を願っているからです。 

安心してお使い頂ける家具を提供し多くのお客様にお喜びいただいています。


もっと詳しくお知りになりたい方はこちらへどうぞ