低ホルムアルデヒド食器棚とは?

フォースター家具とフォースターでないPINEFACTORY家具はどちらが低ホルムアルデヒド?

数字で確認してみましょう?

実際の数値が示しているのは
PineFactory家具フォースター基準では
1:フォースターで0.3mg/LがPineFactory家具使用の木材料では一桁低い0.05mg/L
2:フォースターで0.3mg/LがPineFactory家具に使用の接着剤で計測出来ない程低い数値
 になっています。
その理由には使われている素材、材料と家具の作り方、塗装の仕上げの大きな違いがあります。

ホルムアルデヒドの放散数値がどうしてこんなに違うのでしょうか?
理由はなに?

それは使っている材料の違いにあります。
低ホルムアルデヒドの数値を示すPineFactory家具は
 全てパイン無垢の横佩材のみで出来ています

フォースター表示家具にはその材料の多くが
 様々な化学物質を発散する資材、材料でるパーティクルボード、MDF,MDFシート張りの材料で出来ています。

この様な人工的な材料からはホルムアルデヒドの放散量が多くそのレベルの一つがフォースターランクです。
それに対してPINEFACTORYに使用している材料=無垢横佩材と塗装のラッカー塗装、オイル仕上げは全てフォースター表示義務(建築材料や作り付け家具では)の無い程の安全な材料、塗装、仕上げになっています。
実際にその違いを見てみましょう。
実際に使われている素材は表面ではなく裏面や下面、側面等で確認できます。
フォースター表示食器棚の全ての食器棚はこの様な材料で作られている為に「フォースター」表示がなされています。
本体の側板や天板、底板、棚板など板状の部分は芯材をパーティクルボード、両サイドにMDF化粧紙が使われています。
PineFactory家具にフォースター表示義務(建材や作り付け家具で)の有る化学物質を使って造る人工的な素材を一切使用せずすべてをパイン無垢横佩材のみで作らています。
フォースターより低ホルムアルデヒドなのも納得いただけると思います。。
国産」「フォースター」表示の浜本工芸さんの食器棚の棚板です。パーティクルボード芯材に両サイドは化粧シート張り、小口には化粧テープ張りで仕上げられています。
こうした材料はフォースター表示義務がある(建材や作り付け家具では)材料になります。
PineFactory家具の食器棚などに使われている棚板の仕様はパイン無垢材の枠にパイン無垢横佩材の板をはめ込んで框組(かまち組)に仕上げられた本格的な木製家具の造りになっています。
これもフォースター家具より低ホルムアルデヒドの理由の一つです。

ホルムアルデヒド放散値の違いの理由は、素材の違い、造りの根本的な違いにあります。

つるつるのシート張り仕上げの機能的なキッチンボードですが裏面に素材と造りが出てきます。
本体の側板など構造部材はパーティクルボード芯材でその両サイドにMDFに化粧シート張りで仕上げられています。
下台天板の人工大理石の下材にはコンパネ合板が使用されているのが分かります。
 
PineFactory食器棚TKB01の天板、側面、裏面写真。
見えない天板も無垢横佩材、裏面も全て無垢の羽目板材を使っています。
側板は無垢の枠に無垢の鏡板をはめ込んだ框組(かまちぐみ)造りという今では国内の家具では殆ど見られなくなった本格的な純木製家具の造りになっています。
汚れを落としやすい、引き出しが自動で閉まる等の「便利さ」はありませんが、室内環境を汚染する様な化学物質の放散は極めて低く、収納された食器棚への化学物質の付着も極めて低い安心・安全の食器棚です。
 

ピカピカのシート張りされた食器棚の引き出しは最後は自分でしまってくれる機能的なモーション付きです。
がその材料と造りは写真の様な材料=MDF素材で出来ています。
切削加工が容易でシートを張っても下地の凹凸が出にくい為に化粧張り、化粧シート張りの家具に多用されています。
がこの素材を製造する為に多くの接着剤を使用して固める為にホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、キシレンなど種々の化学物質放散源となる材料です。
PineFactoryの全ての食器棚の引き出しです。
無垢前板に無垢の側板を「蟻包みほぞ組」加工で組んでいます。
ビスや大量の接着剤を多用せず、天然の木の特性と加工技術を生かして強度と低ホルムアルデヒド、低化学物質の家具の造りで収納するものの安全と使う人の健康に配慮した造りになっています。

フォースター表示食器棚、キッチンボードの材料と造りはどんなもの?

多くの家具店で見かけるpamouna(パモウナ)さんのキッチンボードの材料と造りを見てみましょう。
材料、造りを見てみると「材料、造り以上」のお値段では?と思ってしまいますね。
表面にハイグロスシートを張ってつるつる仕上げになっているキッチンボード。汚れが落ちやすい、最後自分で閉まる引き出しや色々の組み合わせなど便利に出来ています。フォースター表示されているキッチンボードです。
このキッチンボードに使われている材料と造りは右の写真の様な材料で作られています。
左のキッチンボードの裏側です。いくらか化粧されていますが使われている材料の一端が見えています。食器棚本体の構造体にはパーティクルボードを芯材にして両サイドにうすいMDF材に化粧シート張りされています。
下台天板はコンクリートパネル等に使用される合板材に人工大理石張り、後ろ板には化粧ベニヤ張り仕上げになっています。
いずれの材料もホルムアルデヒドの放散量が多い為にフォースター表示義務(建材や作り付け家具では)のある材料で作られています。
フォースター食器棚ホルムアルデヒド
引き出しを下面から覗いた写真です。
側板、前板、底板全てMDF素材、それに其々シート化粧張りで仕上げられています。
最後自動で閉まってくれる機能などのある引き出しが多く販売されていますがその殆どはこうした素材で作られています。
フォースター表示義務のある(建材や作り付け家具では)材料です。

「国産」「フォースタ家具」の食器棚なつくりは?

浜本工芸さんの「国産」「フォースター家具」表示の家具の造りはどうなっているのでしょうか?
こちらも「材料、造り以上」のお値段と感じてしまうのですが。。。
ガラス引き戸の枠、引き出しの前板、下の引き戸の外枠には天然の無垢板だ使用されています。が天然の材料はこれぐらい。
食器棚の構造材;側板、仕切り板、天板、中天板や底板、裏板などは全てフォースター表示義務のある(建材や作る付け家具では)材料で作られています。
裏板はベニヤ板剥き出しではありませんが化粧合板か、MDFシート張り仕上げになっています。側板、中天板、天板や下板等は木口が化粧シート張りになっていますがパーティクルボード芯に化粧シートが張られています。
引き出しの造りを見てみましょう。
側板、後ろ板は天然木ですが、底板はMDF材に上から見える底板部は薄い突板張り、見えない裏面は化粧シート張りになっています。
写真からは引き出しを納めている本体空間の底板、側板にパーティクルボードが剥き出しで見えています。
食器棚内部の棚板の材料と造りが分かる写真です。
芯材はパーティクルボード両サイドに薄いMDFに化粧シート張りされています。
棚板の小口には化粧テープが張られています。

「お値段以上」と自ら宣伝される食器棚の材料と造りは?

詳しく見て「お値段以上」と思いますか?それとも「お値段相応」?と思いますか?
汚れ、熱、蒸気に強い等便利さが謳われています。
が同時に「臭い」「臭いきつい」「扉や引き出し明けたら涙が出た」と評価もされているようです。
その理由は裏面を見れば分かります。側板など構造材はパーティクルボードに両面MDF化粧シート張りになっており、裏板はMDF剥き出しですが、表向きには化粧シートが張られています。
この食器棚に使われている棚板の側断面の写真です。
フォースター表示家具では殆ど同じように使われているパーティクル芯材に両面MDF化粧シート張りの仕上げになっています。

フォースター家具を使って、フォースター基準の家や室内でシックハウスになるのは何故?

フォースターの家具、食器棚が安心で安全な家具として宣伝され数多く販売されています。
でもその食器棚から揮発される化学物質やその匂いで子供に蕁麻疹が出たり、大人でも気分が悪くなる人がいます。
なぜこのようなことが起きているのでしょうか?

それを知る為には「フォースター」って何なのかを知らなければなりません。

 

フォースター家具について

フォースター家具なら安心?
 

カントリーキッチンボード(食器棚)、カップボードの特徴その1

Pinefactoryのカントリーカップボードの特徴は
全てパインの横佩材(よこはぎざい)の無垢板で作られており低ホルム食器棚です。
食器棚の天板、本体の前板、側板、内部、後ろ板の全てがパイン無垢の横佩材
扉や引き出しの前板と側板、底板、向板の全てにパイン無垢の横佩材使用して作っています。
 食器を直接置く内部も安心な低ホルム食器棚はすべて無垢材で作られています。

 

Pinefactoryのカントリーカップボードの特徴その2

Pinefactoryのカントリー食器棚、キッチンボード、カップボードの特徴
カントリーのカップボードの塗装は

オイル塗装の為に安全(NA色)
揮発するラッカー塗装の為に安全(MW色)
全てウレタン塗装を行っていない為にホルムアルデヒドの放出が少なく安全・安心の仕上げです。

F☆☆☆☆(フォースター)の表示義務がないほど、安全性の高いものです。
 

カントリー食器棚・キッチンボード

ナチュラルカントリー食器棚の商品一覧は下記より
フレンチカントリー食器棚はこちらより

変なにおいがしない、子供に蕁麻疹も出ない食器棚と出会えて良かったです!

食器棚が届いて1週間が経ちました。 最初は大きさと言い、存在感がすごくて部屋に入っても食器棚が目に飛び込んでくる感じでした。
この頃はようやく慣れて落ち着いた感じになっています。
一番気にしていた臭いと子供の反応ですが、何事もなく安心しました。
臭いはこの食器の木の臭いとオイルの混ざったようなにおいが少ししますが、嫌な臭いじゃなくて家族みんな気に入ってます。

お店には何度も行かせてもらい、その都度丁寧に説明してくださって有難うございました。
おかげで安心して買うことが出来ました。
デザインに惹かれて大型店の家具売り場に行った時のあの匂いと刺激は今でも忘れることが出来ません。
子供にその場で蕁麻疹が出た時には最初何が起きたのか分かりませんでした。
色々調べたり友達のお母さんに聞いたりして初めてシックハウスの問題や体に良くないものが出ていることなどを知りました。

心配になって一時は食器棚を買うのはあきらめようとも考えましたが、ホームページでパインファクトリーさんを見つけることが出来たこと、そしてよその家具ではあるあの匂いがない食器棚、全部自然の木だけでできている食器棚に出会えてよかったです。 これからも一つづつ増やしていきたいと思っていますのでその時は宜しくお願いします。
 神戸市北区 M・K様
低ホルムアルデヒド食器棚
全てパイン材の横佩無垢材と無垢羽目板材のみで出来ているから低ホルムアルデヒド食器棚です。
低ホルムアルデヒド食器棚の造り
裏板までパイン無垢横佩材を羽目板にしています。フォースター家具ではほぼMDF剥き出しかMDF化粧シートが使われる部分にも低ホルムアルデヒド材料を使っています。
低ホルムアルデヒド食器棚の造りと材料
低ホルムアルデヒド食器棚の造りの一つが分かる食器棚の天板です。フォースター家具ではMDFかパーティクルボードが使われるこうした部位にもパイン無垢材を羽目板にして使っています。
低ホルムアルデヒド食器棚の造り
食器棚の内部の底板、側板、棚板全てがパイン無垢材で出来ています。フォースター家具の様なパーティクルボード芯にMDF化粧シート張りの材料は一切使っていないことがお解り頂けると思います。